FC2ブログ

「人生写真館の奇跡」 柊 サナカ 著
2019-09-04.jpg
内容(「BOOK」データベースより)
あの世とこの世の狭間に佇む写真館では、訪れた死者が年の数だけ
自身の写真を選び走馬燈を作る。案内人は過去の記憶を持たない青年・平坂。
来訪者は最高の写真を撮るべく希望する過去へと一日だけ平坂とともに戻ることができた。
九十二歳の老女、四十七歳のヤクザ、七歳の児童、それぞれが写した人生最期の写真とは。
そして平坂の悲しくも優しい秘密とは―。三つの物語が紡ぐ、感涙のミステリー。


「過去にもどれるとしたら、あたたはいつに戻りますか?」の帯に惹かれて
柊サナカさんを初読み。ですが・・・・入り込めなかった。
起こった出来事を奇跡と思えるか思えないかで、この本の面白みが変わってくるのだろうか?
残念ながら私は、思えなかったのです。確かに奇跡なのですが・・・・
戻りたい自分の過去を想像することも無かった。

なんだか、表紙やタイトルが何故か「コーヒーがさめないうちに」や
「ナミヤ雑貨店の奇跡」の本と重なり、同じ様な期待をしてしまった。
これらの本を先に読んでいなかったら面白いと思えたかも知れない。

サナカって名前をどうしてもサカナ(魚)と読んでしまう私。
そんな事ってよくあるよねぇ~ない?(笑)

北海道は、急に寒くなる様な予報ですね。
季節の変わり目、皆さん、ご自愛くださいね。




「女の偏差値」 林 真理子 著

「猫と偶然」 春日武彦 著

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)