FC2ブログ

「猫と偶然」 春日武彦 著
2019-09-02.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
愛猫との心安らぐ日々、猫が現れる文芸作品、そして紡がれる詩的連想…。
猫と人間の美しくも、ちょっと不思議な断章集。


現役精神科医が書かれた本で、猫の話の部分はとても面白かった。

「いささか大げさに述べるなら、猫にはどこかしら永遠性みたいな雰囲気がまとわりついている。猫の尊大さも気まぐれさも、永遠性とペアになっているからこそわたしたちはそれを魅力と感じているのではないだろうか」(本文より)。

が・・・・著者が博識すぎて、私には知らない事が多すぎた。
で・・・読んで私の知識が多少でも豊富になるかといえば、全くそんなことはなく
記憶力のなさを実感するのみなのでした(笑)


千葉県の台風による停電で一年前の北海道のブラックアウトを思い起こしています。
丸々2日の停電でも、あんなに大変だったのだから・・・・暑くはなかったし・・・・。
なんとかならないものかと・・・・早く回復される事を願います。

「人生写真館の奇跡」 柊 サナカ 著

「月の上の観覧車」 荻原 浩 著

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)