FC2ブログ

「反人生」 山崎ナオコーラ 著
2019-08-09.jpg
内容紹介
「反人生」・・・・夫を亡くしてひとり暮らしの荻原萩子・五十五歳が抱く、
         バイト仲間の年下女子・早蕨へのときめきと憧れ
「越境と逸脱」・・・世界を旅する寅次郎、ユーモアのセンスあふれる桃男。
          男友だちから新たな感覚を学ぼうとする大沼の行く末は。 など全4編。


期待して山崎ナオコーラばかりを、読んでみたが、タイトルの「反人生」はSFかな?
私は、全く理解できないかった。残念。他の3編は、かなりの短編も良かった。
最後の「社会にでない」は、何故こんなタイトルを?と思うが・・・・。

流産してから、ピアノ曲とやけに親しくなった。暗い気持ちにしてくれるからだろう。
この文章から始まる物語です。
クラシックが全く苦手な私は、ピアノの独奏曲だけは、聞けるし、
たまに聞きたくなる時もあるから、そうなのかなぁ~(笑)

以前、小説家の中村文則さんが、「暗さを肯定するために文学をやっている」ー中略ー
作品にはいつも暗さが漂っている。そして、読者である私たちの心の闇を肯定してくれる。
小説というものの全てが暗さを内包している。134ページ記


なんだか納得してしまうなぁ~。日々肯定感って必要だものね。
読んだことがないので中村文則さんの本を読んでみようかしら・・・と思ったのでした。




「月の上の観覧車」 荻原 浩 著

「カツラ美容室別室」 山崎ナオコーラ 著

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)