2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DVD 「ザ・コンサルタント」

今日の最高気温15.3℃ 最低気温10.6℃

久し振りに、今日はカテゴリDVDです。
月4本は観ているのですが・・・・。

日曜日に相方が選んだ、こんなDVDを観ました。
今日は、もう木曜日ですが・・・(-_-;)



ピストルでバン!バン!バン!の映画は
基本的に嫌いなんだけれども・・・・。
この映画は、ちょっと考えさせられました。

最後の最後にすべての謎が解るのですが、
最初から分かって映画を観る方が私は好きです。
このブログを読んで借りて観ようと思う人は
いないと思うので(笑)ネタばらしをします。

この主人公は自閉症なのです。
一人で生きていけるように、子供の頃から軍人教育係の父親が、
弟と一緒に教育??訓練をするのです。
ここまで親の考え方を子供に押し付けていいものだろうか?
勿論、これは映画・作り物ですけれども(笑)

子供は父親を選択できない訳だし、言うことを聞く。
殴られる側の人生でいいのか?って言われたら・・・。
そんな教育方針の父親について行けなくて、
母親は子供を置いて出ていく・・・よねぇ~。
強い負けない男の子になって欲しいがエスカレートして
暗殺者(正義の???)になってしまったの?・・・。

そんな子どもたちの施設を運営しているのも、
そのような子供を持つ別の父親で、
その子供は、施設で暮らしているのです。
でも、お金も必要な訳で・・・資金は主人公からなのよね。

親の考え方による子供への影響力を考えてしまった。
色々な親がいて、色々な子供が存在するのが現実。
孫もどんな子供に成長するのか、楽しみでもあり、怖い気もする。

最近、PCでトランプゲームをするのですが
そこで、そのゲーム前にゲームのコマーシャルが入ります。
なんと、最近スナイパーゲームが入るのですよ
劇画風画像で、結構リアルで血が一瞬飛び散るのよ。
こんなゲームを作る人・する人がいるかと思うと恐ろしい。
テロも起こったし・・・。
人の生き死を、そんなゲームで簡単に扱わないでよ!!

で、こんなDVDを何故か観た (^_-)-☆



スポンサーサイト
[ 2017/05/25 ] DVD | TB(0) | CM(0)

本:「テロリストの処方」

今日の最高気温13.3℃ 最低気温8.5℃ 
図書館に出かけました。道路脇にピンクや白の芝桜が
沢山咲いていて、綺麗でした。


「テロリストの処方」 久坂部羊

私が勝手に違う内容を期待していたが為に、ハズレでした(悲)
医療の格差とは、患者が受けられる医療の格差の内容なのかと。

勝ち組医師と負け組医師がいて、勝ち組医師を狙った連続テロの話でした。
ミステリーでも、あります。
発想は面白いし、日本の未来医療がそのようになるかも?と思うが
医者の話には、関心がなかったから・・・。
勝ち組医師の患者は、当然お金持ち。
負け組医師の患者は、残念ながら貧乏人。
我家は、間違いなく負け組医師の世話になるな(笑)
保険診療しか、受けれませんから。

話の流れで一つ気になる箇所が・・・
多少知ってはいたけど、要約すると

「日本は検査被爆大国」だと言っている。
検査被爆による発がんの危険の話
日本はCTの保有台数百万人当り105.6台で世界1位
2位がオーストラリアの56.0台
3位がアメリカの45.5台
全世界のCTスキャンの1/3が日本にあるとも言われている。
一回の検査の被ばく量が、胸のX線撮影の三百倍から六百倍、
人間が一年間に浴びる放射線の十六倍から三十二倍と書いてある


これ本当??根拠ある数字ですよね。
CTは数億するから、必要なくても撮って、元を取らなくちゃなのよね。
ここの田舎の病院でも、CTあるし、撮ったよなぁ~

相方にこの話をしたら、詳しい数字までは分からないが、知っていた。
この前相方が大きな病院に行った時に、継続して検査をしなければならないのですが
「CT検査は被爆の問題もあるので、おいおいに」と話されたそうです。
30歳台の若い医者だと言っていた。そんな話をする時代になったの?

相方との話題提供になり、読んで良かった本ですかね
でも、興味が持てなくて、読むのに1週間キッチリかかりましたよ(笑)


[ 2017/05/24 ] | TB(0) | CM(0)

菜の花畑

20日(土)に安平町の菜の花を観てきました。
今週末が一番の開花の様ですが、かなり満足しました。
↓3枚の写真とも、違う場所です。
もっともっと 広~いですが・・・。
1_20170522185242de2.jpg

2_201705221852431a0.jpg

3_2017052218524445e.jpg

「菜の花マップ」によると、14箇所あるようですが、観たのは8箇所位です。

マップを見てもらえれば分かりますが、迷路の様で、
看板が小さくて、それに気付くのが送れるのです(笑)
曲がり角には、→ないし・・・
で、戻らなかったので、8箇所(笑)

安平に入ったら、大きな手作り豆腐の看板があり、
買ってきました。
食べたかったんだぁ~美味しい豆腐
CIMG3831.jpg
その日の夕食に食べました。
そりゃぁ美味しかったですよ。中身が濃い!
一丁250円なり。豆腐も値段なりなのでした(笑)
ただ、豆の違いの味は、分かりませんでしたよ。

安平でお昼、デザートに菜の花蜂蜜レモンがかかっている
カップソフトクリームを食べた。美味しかった。

そこから、下見を兼ねて、ノーザンホースパークに、行きました。

CIMG3822.jpg

CIMG3827.jpg

CIMG3830.jpg

綺麗でいいところです。
ポニーショーも可愛かったです。


[ 2017/05/22 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

本:「思い通りの死に方」

「思い通りの死に方」 中村仁一・久坂部羊

「思い通りの死に方」って凄いタイトルですね。
結論は「思い通りの死に方」は出来ないよ(笑)って事なんだけれども
人生後半の正しい生き方を書いている・・・かもしれない(笑)

図書館で読んでいない久坂部羊の本が他にないか検索して見つけた。
『「大往生したけりゃ医療とかかわるな」「自然死」のすすめは』自分の本です。
だいぶ前に読みました。何かあった時、再読したい本です。

この2人の対談集で、この人達の考え方が、とても気に入っています。
賛成できる所が沢山あります(全く駄目って人もいるはずですね)

ただ、いくら読んでも実行できるか?と言えば、
病気になってみなければ分からないが、正直な所です。
でも医者におんぶに抱っこで「先生治して、何とかして」とはならないようしたい。
今はパソコンで検索すれば、かなり自分で把握できると思っているし。

まぁ 医者嫌いの私が、病院に行かなくても安心したいが為に、
読んでいるのかもしれない。だから人には薦めないけれども・・・・。

この本を読んで自分の「老化」具合をちゃんと把握する事が必要だと思った。
60歳過ぎたら、原因が老化であれば、それらは薬では治らないって事。
だから仲良く付き合っていくだけだって事。
薬もサプリメントも気休めにしかならないようです。

高齢者医療の現場にいる2人の医者が正直に、ハッキリと言っているのです。
金儲けをしなくてもいい医者だから本当のことを言っている様に思う。

人が100%経験するのは死なのだけれども、その経験話は全く聞かれない訳で(笑)
思い通りにもならないだろうけれども、少しの心構えがあれば、
楽に死ねるのかもしれない。

かもしれない話ばかりでしたね 🙇

死が間近と感じられた時、ちゃんと終末の話をしたい、
ハグして「ありがとう」と言ってちゃんとお別れをしたい、
だから、元気なうちから、こんな話を沢山したい。
相方にも読んでもらっているけれども、どんな感想がでるやら
何でも「なるようになる。考えても仕方がない」って人だからなぁ~
それが一番いいのかもしれないけれども(笑)


[ 2017/05/16 ] | TB(0) | CM(0)

本:「老乱」

「老乱」 久坂部 羊

長い間、貸し出しを待っていた本です。
久坂部 羊さんのファンなのです(笑)
待ったかいがあった。久々の一気読み!!
表現がストレートで、読みやすい。理解し易い。


父親が認知症になった息子と嫁との他人事とは思えない話です。
ノンフィクションの様でした
久坂部さんは、お医者さんだからたくさん経験しているのでしょう。

認知症が徐々に進行する幸造
幸造は日々の思いを、日記に記していて、なんとも言えず痛々しい。
気持ちを分かってあげられればと思う
でも現実は厳しいのだろう。
介護する側の都合で物事をみるから。

認知症の人は日々の出来事の記憶はできないが
その人が発した嫌な感情・嬉しい感情は、感覚として残るらしい。
この事は覚えておきたいと思った。
この先、相方と老々介護になるのだから・・・。
どちらがどうかは、神のみぞ知る(笑)

実際の介護が始まったら、本など読む余裕がなくなるから
今の内に、色々と読んでおこうと思っているのでした。
必要な時は、もう忘れていたりして(笑)

この本を読んでから、92歳の母親を抱える一人っ子の親友から電話が来た
彼女の母親は負けん気が強く、ほとほと困っている。
90歳でやっと運転を辞めさせる事ができた。
「認知症よりは、まだましだよ」と言ってしまった。

人と比較して物事を考えるのは嫌いだったが
年を採ったら、もういいかなぁ~の心境
若い時は上を見て頑張らなくちゃ進歩がないと思っていた
今は「まだまし・まだまし」で(笑)それなりに感謝して暮らせる。
上を見ないで楽に暮らしています。

最後の方に理想的な介護の生活を書いていた。
今まで良くしてもらったからの気持ちで・・・。
皆がそうできればいいのだが・・・・。

「情けは人の為ならず」
やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる・・・肝に命じたい











[ 2017/05/12 ] | TB(0) | CM(0)

DVD:「永い言い訳」

相変わらす、一ヶ月に4本のDVDを借りて観ています。
相方と唯一同じ時間を過ごします。

原作が良かったので、DVDを観たかった。
映画って難しいと感じました。
本はその時の気持ちを書いてありますから。

細かな気持ちが汲み取れないのは、私の感性の問題だね(笑)
本木雅弘さんは、良かったですよ。

作りものでない時間の流れがちゃんとあった。
髪もちゃんと長くなっていて・・・。





[ 2017/05/11 ] DVD | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。