2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06



私 血圧の薬を止めました

毬と本

今日読了した本です。毬ちゃんと一緒の証拠写真(笑)

医者がこんな事を言っていいのか?って感じなのですが
私は医者にずばりこんな事を言って欲しかった (^^)v

血圧の薬の事で ずーと悩んできたのですが
答えがあるかも?と新聞広告に載っていて
ネットで目次を読んで飛びついた本です
(2009年1月30日 第1刷発行)

薬は短期間に使用すべきものであり、毒である
死亡原因がガンに次いで4位なのが、薬の副作用によるもの。

今私はおいしい患者になりたくない為、血圧の薬止めました。
この本を読んで自分の考えが正しいかったと確信がもてたのです。

薬を使わず、強い心を持って自己治癒力で健康体になる
努力をしていきます。

やっぱ 痩せなきゃぁ~~(ーー;) 
[ 2009/03/07 ] | TB(0) | CM(0)

あぐり 白寿の旅

「梅桃(ゆすらうめ)が実るとき」を読んでから
あぐりさんのファンになってしまいました 

画像 143

娘さんの吉行理恵さん(2006年)が亡くなったので
あぐりさんの事が気がかりだったのです

「あぐり 百寿の旅」
文庫本が出版されたので、すぐに購入
お元気なので安心しました。 
「吉行理恵レクイエム『青い部屋』吉行あぐり編」という
本を出版される事で乗り越えてもいらっしゃいました。

余談ですが・・・・宝くじが当たったらの夢一つ
好きなだけ本を買うぞぉ!!(笑)



ただ今101歳、ますます元気!
前向きでユーモラス。
読むと心が明かるくなる あぐりワールド


と帯が付いていますが、まさにその通り!!

この本から沢山の元気を頂きました
私もあぐりさんの日々の心意気を見習って
元気に寿命を真っ当したいものです

私は田舎暮らしを始めてから
長生きをしたくなったのです(笑)

この愉快な田舎暮らし生活は
まだ4年しか経っていません
後何十年も ずーーと元気に続けるよ~(^^)v

テレビ小説「あぐり」を放送されていた頃は
会社勤めをしていた為、TVは観ていなのです
観たいなぁ~再放送しないかなぁ~

     



FC2Blog Ranking

 ランキングに参加しています。ワンクリック ポチッとご協力お願い致します


[ 2009/03/24 ] | TB(0) | CM(0)

のんびり

お盆休みはのんびりとしていた
基本的に相方が家にいる時は掃除機をかけない簡単掃除。

で・・・時間がたっぷり パッチワークをしたり 本を読んだり・・・・。
流星の絆
この先はつぶやき・独り言です。
本に関しては自分の思ったことの記録として
記していきたいので あしからず。

[ 2009/08/17 ] | TB(0) | CM(1)

1Q84

2巻とも読み終わりました。
1Q84
ネット上で少しは内容を読んでいましたが・・・・

早々に読んだ 村上春樹ファンには 評判が良かったようですが・・・
[ 2009/08/28 ] | TB(0) | CM(2)

宮本 輝の本

今年のブログ目標は・・・・
読んだ本の感想を書こう!!です

このブログは身内しか読んでないし(笑)

昨年の11月25日の北海道新聞に
宮本輝さんが載っていました
最近彼の小説は読んでないなぁ~と

善き人しか登場しない小説を書いていたのですね
知らなかった(笑)

心映えの美しさを慈しむような、
善き人しか登場しない小説
善き人のつながりから何かが生まれ、
その人達が幸福になっていく・・
このようなテーマで書いた小説が5冊

「にぎやかな天地」 2005年9月
「骸骨ビルの庭」  2009年6月
「三千枚の金貨」  2010年7月
「三十光年の星たち」2011年3月
「水のかたち」   2012年9月
宮本 輝
[ 2013/01/09 ] | TB(0) | CM(0)

原作

TVドラマや映画の原作を読むのが好きです。
この間、目に留まったのが、TVドラマ
「いつか陽のあたる場所で」 乃南アサ
CIMG0425.jpg
特に興味ある内容ではなかったのですが、何故か借りた。
前科がある女性2人の物語です。

刑務所の中では出所後の連絡先等を
受刑者同士知らせてはいけないらしい。
それは悪の連鎖・負の連鎖を呼び起こすから

宮本輝の「善のつながり」を読んだばかりで
その時は悪のつながりは思ってもいなく
このような事もありますよ~と教えてくれたみたい

ただこの話は、頑張っている人の話で良いつながりです
TV1話観ましたが、ウルウルしてしまった。

これはテレビの方が面白いと思います
どんな最終回になるのかな?
本は何の結末もない。続編があるのかな?

昨年、読んでみて、映画の方が面白いだろうと思ったのは
「終の信託」 朔 立木
CIMG0422_20130114155116.jpg
朔立木の本で「死亡推定時刻」が読み応えがあったので
期待して、この本を買ったのに残念でした。

「ツナグ」 辻村 深月 は面白かったです
映画もいいかも?この本は買ってよかった
(めったに新品本は買わないので、紹介したかった(笑)

この2作は旧作になったらDVDを借りよう。






[ 2013/01/14 ] | TB(0) | CM(0)

天童 荒太

「永遠の仔」1999年出版
天童荒太の長編を読もうと言うだけで、内容も知らず
急いでいたので、中も見ないで借りて来ました

本を開いてビックリ・・・2段じゃないですか
布団に入って読むには重すぎる
2週間では読めない(再度借りる事はできるけど)
文庫本を買いました。当然1段です(笑)
一番の理由は借りた本に汚れがある事だったけど

送料は掛かりますが、1冊1円本 5冊の中古本
のんびりと読めました。
CIMG0431.jpg
宮本輝のいい人だらけの本の後に「これかよ~」でした。
不幸だらけ・深い悩みを持った人だらけ・・・




[ 2013/01/28 ] | TB(0) | CM(2)

再び 天童 荒太

読んだ・読んだ(笑)久し振りに一気読みしてしまった。
長い時間読みすぎた夜、神経が冴えてしまったのか
電気を消しても寝れなくて、床暖房の水の音が気になったり
車のエンジンがかかったような音が外で、ずーとしていたり
(多分いつもは聞こえない遠くの温泉ポンプの汲み上げ音)
流石に次の日は違う本を睡眠薬代わりにして、
すぐに寝ました。
CIMG0443_20130208202730.jpg
ストーリー展開が早くて、次は?次は?どうなるの?でした。
家族とは?家族の絆・愛とは?と作者からのメッセージが
てんこ盛り(笑)
事件も人間模様も沢山ありすぎるが、深く考えすぎたくない。

この世の中、どうにもならない事っていっぱいあるもの

第4部「巡礼者たち」 馬見原刑事の言葉より 
『他人の事はわからない。過去のことならなおさらだ。
だったら、人間が少しはましに思えるほうに考えた方がいい。人を信じたくなるほうに・・・ときどき考えてやらないと、
自分の心がつぶれちまうよ』


[ 2013/02/08 ] | TB(0) | CM(0)

脳男

朝、新聞で大きな映画の広告が目につく
江戸川乱歩賞受賞作・・・・
たまにミステリーもいいっか・・・・
その日の午後、「脳男」を借りて来ました
CIMG0467.jpg

どんな内容なのかなぁ~と読む前に
夜パソコンで映画の予告編をみて
ビックリ!!(グロっぽい映画はみません)

読もうかどうしょうか迷ったのですが
嫌ならやめればいいや・・・と読み始めました。

ところが・・・再び一気読み(笑)

読了後、再度映画の予告編を見て確認しましたが
同じシーンの内容は何処にも出てきません?

もしかしたら、「脳男」の続編本の内容も
映画には混じっているのかもしれません
[ 2013/02/11 ] | TB(0) | CM(0)

千日紅の恋人

先日教えて頂いた作家さんの本です

帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)
聞いたこともない人だった
小説家でもあり精神科医でもあるようなので
好みですが図書館で本の分厚さと古さに引いてしまった
(医療ものは「日下部 羊」さんが面白かったよ)

で・・・無難な所で「千日紅の恋人」
CIMG0468.jpg

[ 2013/02/14 ] | TB(0) | CM(0)

永遠の0(ゼロ)

CIMG0479.jpg

実の祖父がどんな人だったのか、訪ね歩く話です。

戦争の話、軍人や特攻隊の人の話とか出てきます
実は、当時の戦争詳細話は斜め読みして、物語だけを読んだ。
よくある話と思ったのは、この当時の事が、映画やテレビで
作られていて、結構見ているからだと思う
それなりに、感動・感激はするけれども。

ただ若い人はどうなのだろう?
知っておくべき事柄・考えてみる事柄ではあると思う
当時の「新聞」の置かれている位置とか・・・・今もかな?。

零戦で突撃するのは、自爆テロと一緒だと話すシーンがあって
エッ!とチョット考えてしまった。





[ 2013/02/23 ] | TB(0) | CM(0)

『尋ね人』 谷村志穂

CIMG0473.jpg
 
新作だし、帯を目にして、あぁら面白そうと借りてきた。

『知って欲しいのは、まだ妻でも母でもなかった頃の
自分なのだ』母

『忘れるべきなのよ。お父さんだって私たちだって、
可哀想に思えてきた』娘


娘2人がいる私 60歳と85歳位になったら(笑)
この物語のような深刻な話ではなく、
お互いの恋愛話ができたら 面白いかも~。

認知症にならないように頑張らなくちゃ・・・。
昔話は脳の活性化にいいと言うしね

そんな面白い恋愛話あるの?って突っ込まれそう
でも あの時、あの選択をしていなければ、
確実に、娘2人は誕生していない訳だ(爆笑)

生まれてきて 良かったしょ?
人生って面白いね。











[ 2013/02/27 ] | TB(0) | CM(0)

猫本

図書館で表紙が目に付いた。
猫好が思わず手に取る本ですね(笑)
CIMG0507.jpg
谷村志穂さんと一緒に暮らしている猫のお話です
チャイ17年 ミーミー7年(2012年春)

あるある・そうそう・・・と、とても楽しめた本でした

当たり前の事なのですが、小説家って凄い!!と感心

我家の猫との日常を再現しているような・・・


マロン君、私の事かなり分かっているでしょ?と
見つめ合う事が多くなりました(笑)


毬・キキ・マロン 元気に長生きしてね
(=‘x‘=) 愛しているよ~~



[ 2013/03/12 ] | TB(0) | CM(0)

『赤い長靴』 江国香織

『神様のボート』を読もうと図書館で本を手にとったのですが、汚れている・「骨ごと溶けるような恋」の余韻の狂気に生きる女とその娘の成長を描いた作品? 恋愛小説ぽかったので、こちらの本を読むことにした。
CIMG0523.jpg
私にはチョット不思議と、とらえた本でした。
本の帯には こうあります
「江國マジックが描き尽くす結婚という不思議な風景」
「幸福と呼びたいくらいな愉快さとうすら寒いかなしみ、
     安心でさびしく、所在なく・・・。
     日々たゆたう心の動きをとらえた
     怖いくらいに美しい、連作短編小説」
[ 2013/03/19 ] | TB(0) | CM(0)

『カオスの娘』 島田雅彦

スピリチュアル・ミステリー!
美輪明宏さん推薦!「多次元の万華鏡」

『精霊のささやきを聴く少年。破滅に憑かれた謎の美少女
   2人が夢に出会うとき、希望と絶望のロンドが響き渡る』

こんな言葉が目に入ってしまったら、今でしょう、
今すぐに読むしかないでしょう(笑)
CIMG0532.jpg
345ページ 朝から一日で読了。

[ 2013/03/23 ] | TB(0) | CM(0)

富安 陽子

『ふたつの月の物語』
新聞で高学年用にお薦め本の所に載っていた児童文学です。

嗅覚がするどく、人の感情を読みとる美少女の美月と、
お調子者で、空間を移動する能力のある月明(あかり)の
2人の物語(この二人別々に育った捨て子の双子なの)

楽しかったぁ~こんな話、大好き!!
CIMG0547.jpg
高学年になる孫 読んでみないかい?

で・・・「あれあったでしょう?あれ?」と
相方にやっと探し出してもらい
(なんたって私はタイトル不明)
「JUMPER」 2008年アメリカ映画を再度観た。
これ空間移動のお話(笑)満足・満足

富安 陽子さんって絵本作家なのよね
沢山絵本を出していて、面白そうです

どんな人かな?と『さいでっか見聞録』を読んでみた
笑える・笑える 楽しい人でした。
息子さんもチョット、いやかなり面白い。
CIMG0560.jpg

大人でも絵本を借りてきて読むのも楽しいかもね(^-^)/

[ 2013/04/11 ] | TB(0) | CM(0)

平野 啓一郎

死者が生き返る?と言う話に興味を持って読んだ本

内容が重かった。
でも読み応えがあり、いっぱい考える所があり
読んで良かったと思える本でした。

ちなみに 「なんじゃこりゃぁ~」と思う
読まなければ良かった本はブログに登場しません。
私の選択と頭脳の問題だもんね(笑)
CIMG0534.jpg
今まで読み始めた本は最後まで読むのが基本でしたが
途中でやめる勇気も最近身に付けました。


で・・・本に影響されて またまた(笑)
「奇跡の朝」って死者が蘇るDVDを観たのよ

でも、この映画は「なんだかなぁ~」で、
「それぞれの世界・・・お互い、そっとしとこうよ」でした。


[ 2013/04/17 ] | TB(0) | CM(0)

ブラック ボックス 篠田 節子

新聞の本の紹介で、食の問題を取り上げているとありました。
読み進む内に、怖くなると書いてあったので
どれどれと興味を持って読み進めました。

本の帯 『恐怖の食卓 身近な「食」に何かが起きている』

じっくりと考えながら時間をかけて読みました。
CIMG0619_20130502202559.jpg

ありえない事ではないと思いました。
怖いとかそういう事ではなく、このようなことが
あるかもしれないと知っていることが大切だと思う。
その上で、自己責任で食品を選んでいく事だと思う。

[ 2013/05/02 ] | TB(0) | CM(0)

「正義のセ」 阿川 佐和子

先に追伸:(笑)
猫の可愛い写真も動画も撮れないし・・・
平々凡々で事件も起きないし・・・
外は寒くて・・・庭はまだまだ先だし・・・
散歩もしたくないし・・・
まだ家にこもって、本読んでいるのが幸せな私
いつも本話しでごめんなさい(笑)


阿川佐和子さん 好きです(同歳なのよ)

「正義のセ」1~3巻 読んじゃいましたよ
まんがを読むような感じで、スラスラと楽しく。
CIMG0608.jpg
CIMG0613.jpg
でも主人公の女検事 凛々子
どんなあっぱれな、すかっとする正義を貫くのか?と
思いきや、私にとってはそうでもなかったです。

凛々子に首ったけの同僚検事にたいしても
ウジウジと利用しないで、嫌ならすっぱりと
振ればいいのにとも思ったし・・・(笑)


[ 2013/05/08 ] | TB(0) | CM(0)

花風景

今日紹介したい本は↓これです。
私の大切な本です
CIMG0681.jpg
「誰も知らないまぼろしの花風景」と帯にありますが、
見たこともない花ばっかりで・・・・ビックリします。

中をチョット見せてあげるね。こんな場所が↓
CIMG0682_20130527184453.jpg

↓こんな風になる時があるのです。
(南アフリカのナマクワ国立公園)
実物写真はもっともっと奇麗です。ごめんなさい。
CIMG0683.jpg
実際に見たいと大きな夢を持ちたい

写真家の野村哲也さんのブログがあります

見たこともない花が観られるかも?毎日更新しています。

http://fieldvill.blog115.fc2.com/

勝手に紹介してしまいました。






[ 2013/05/27 ] | TB(0) | CM(1)